スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

9月30日(金)   クルーズレポート      曇り時々雨 少し台風


船はマリアナ諸島の東をなめて北上し、はやもう北緯22°を過ぎた。小笠原諸島(北緯27°付近)が航海モニタに見えてきた。航海中にぼつぼつ書いてきた科研費の申請書をそろそろ仕上げなくてはならない。陸に帰ったら、また別の申請書を書き始めなくてはならないので、航海中の仕事は船の中で片付けて上陸したほうがいい。とはいっても、なかなかしんどい。頭をはっきりさせるために、コーヒーカートリッジの中で一番濃いやつを選んで何杯も飲む。眠い目をカッと見開き机に向かうのだ。
 

船内はクルーズレポートの作成に忙しい。乗船研究者には各自担当のチャプターが割り振られている。初めて英文レポートを書く学生もいるから、大変そう。しかし我々教師たちは、安易に手を出してはいけない。黙って見ているほかはない。最初のドラフトさえ仕上げてくれれば、しめたもの。それを基にあれこれアドバイスすることができるのだ。以下はクルーズレポートの目次。これをみても、なかなか充実した実り多い航海であったことがわかる。
 

今回のレポートの中で、斬新でひときわ異彩を放っているのは、最後の第25番目のチャプター。航海のアウトリーチ活動をまとめたものだ。この中に、本ブログ「うなぎ博士の航海日誌」も取り上げられている。観測作業で忙しく、ともすれば滞りがちだった日誌を、ここまでなんとか続けてきたかいがあったというものだ。




………………………………………………………………………………………
 
■Mike’s Corner                                                Michael J. Miller
 
The morning and early afternoon was spent working to finish the overall leptocephali catch report that overviews the basic taxonomic composition and distribution and abundance patterns of all the eel larvae collected during the KH-16-3 sampling survey.  The other two main reports, one about the anguillid leptocephali collected during the survey, and one about the CTD observations were finished last night.  Both were interesting reports.  There have been no surveys for leptocephali as extensive as this one, so to see the catch locations of the anguillid leptocephali across such a large area is interesting.   The figure showing the 5 hydrographic sections in CTD observation report was unique in the history of oceanography.  So along with all the other reports about individual studies resulting from the cruise, it should be an interesting cruise report.  Along with so much station data to include in the report, it’s a big task to put it all together it seems, and the cruise manager, or “banto” as they refer to that job in Japanese, is working on assembling the report.  The sad news of the day is that even after being fed in the morning, just after dinner-time the transparent fish in our fish tank decided to eat the smaller cardinal fish that looks like a zebrafish.  The larger fish obviously has a big mouth, but I had no idea it could actually eat the smaller fish.  That zebrafish was such a nice fish to watch, so nobody was happy with the fish who ate it…  The photo, sad to say, shows the head of the zebrafish extending out of the back of the gut of the transparent fish, which now I guess, seems like the “bad fish”…  But it is a lesson in predation in the ocean I guess, since every day and night, that’s what happens in the sea:  big animals eat smaller ones….


 

………………………………………………………………………………………

 
■We Are Here


 
………………………………………………………………………………………
 
(本ブログに使われた全ての写真のクレジットは、日本大学と東京大学とJAMSTECが有します)
 
 
 
………………………………………………………………………………………
 
■検索ワード
うなぎ博士の航海日誌 塚本勝巳 白鳳丸 ウナギ 仔魚 南太平洋 海洋調査 産卵 回遊 生態 資源変動 レプトセファルス IKMT CTD NORPACネット プランクトン 食物網 食物連鎖 フィロゾーマ 環境DNA 深海 ニューカレドニア アメリカンサモア フィジー タヒチ ポリネシア、日本大学、東京大学、海洋研究開発機構
 
Doctor Eel’s Logbook, Katsumi Tsukamoto, Freshwater Eel, Hakuho Maru, Research Cruise, Oceanic Survey, South Pacific, Spawning, Migration, Ecology, Eel Resource, Leptocephalus, Plankton, Lobster, Phyllosoma, Food Web, Environmental DNA, Deep Sea, New Caledonia, American Samoa, Fiji, Tahiti. Polynesia, Nihon University, The University of Tokyo, JAMSTEC
 
Le Blog du Docteur Anguille, Katsumi Tsukamoto, anguilles d’eau douce, Hakuho Maru, Campagne en mer, echantillonnage oceanique, Pacifique Sud, Reproduction, Migration, Ecologie, Ressource en anguille, leptocephale, plankton, langouste, Phyllosoma, Reseau trophique, AND environnemental, hautes profondeurs, Nouvelle Caledonie, Samoa Americaines, Fiji, Tahiti, Polynesie Francaise, Universite de Nihon, Universite de Tokyo, JAMSTEC
 
 





















バナー




























 

スポンサーサイト

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • 12:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
うなぎ博士は科研費の申請書作成に忙しい。乗船研究者には各自担当のチャプターが割振られる。初めて英文レポートを書く学生もいる。しかし、教師達は安易に手を出してはいけない。最初のドラフトさえ仕上げてくれれば、それを基にアドバイスが出来る。今回のクルーズレポートの中で最後の第25番目のチャプターが斬新でひときわ異彩を放っています。船は小笠原諸島に接近中です。
  • マー坊
  • 2017/01/02 2:17 AM
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

カウンター

総閲覧者数:   現閲覧者数:

selected entries

archives

recent comment

  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    石田達八(まる八)
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    KOBE
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    ヨーカン
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    マー坊
  • 5月18日(木)   測点決定              晴れ
    マー坊
  • 5月17日(水)  XCTD観測              晴れ
    マー坊

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM