スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

5月18日(木)   測点決定              晴れ


午前中のXCTD観測点全ての終了を待たずして、海嶺西側の塩分フロントは北緯13度あたりとわかった。そこで、北緯14.5度より北の測点の観測をとりやめ、船を回頭して南へ向かうことにした。東西の測線の海水塩分データを鉛直方向と水平方向の両方で解析した結果、北緯13度 東経142度のカイヨウポイント付近に調査地点を設けるのが良いと判断された。
 


カイヨウポイント付近で産卵盛期の新月3日前に内部潮汐エネルギーが最大になる点を数値シミュレーションで調べた。するとカイヨウポイントの北西側に斜めに接するように長径14マイル、短径6マイルほどの楕円形の高エネルギー域のあることがわかった。この楕円の長径・短径を結ぶ十文字形の測線を「マリアナクロス」と名付け、これから約1週間、この測点を徹底的に調べることにした。
 


(*読者の皆さま:地図や模式図も付いてなくて、何いってんだかさっぱりわからないかもしれませんが、ご容赦下さい。未発表資料であることやクレジットなどの問題もあり、なかなか思うにまかせません。)
 


………………………………………………………………………………………
 
■今日の当直                         沖野 龍文
  Today’s correspondent                                    Tatsufumi Okino
 
 ウナギ研究航海2年ぶりに参加しています。昨年の大晦日に塚本先生から夏のマリアナにウナギの産卵シーンを見に行きませんかとメールをいただき、元旦には年賀の挨拶と共に参加させてくださいとお願いしました。実際には塚本先生のメールを読んだ時点で行こうと決めていたのですが、ウナギに思いを寄せながら年を越すことで気持ちを盛り上げていました。


今朝のXCTDの結果をみて、調査海域が決まりました。塩分フロントと海山列で決まる第3象限仮説に加えて、内部潮汐エネルギーの予測から、今までになく狭い範囲に調査海域を設定することができました。卵が何度も採集された実績のある開洋ポイントに挑みます。データに基づく予想が実績あるポイントとなり、自ずと期待が膨らみます。しんかい6500と深海曳航調査システムのYKDTで、調査海域を走り回りますし、環境DNAの結果をフィードバックして調査地点を変更する余裕もあります。ドラマにもなった小説「海に降る」では、研究者と6Kチーム(しんかい6500の運航・整備担当)の深海調査にかける思いが描かれていましたが、ウナギ博士以下私たちの思いは小説以上です。


ところで、今回産卵シーンをみることができても、それで研究は終わりではありません。例えば、ニホンウナギは、日本の河川から2,000 km以上離れた西マリアナ海嶺までどのようにして集まることができるのでしょうか。回遊魚や渡り鳥だけでなく、多くの生物はその生活史の中で移動します。生まれた場所に正確に戻るためには臭覚・視覚・聴覚・地磁気などを利用して移動する時期と方向を決めています。たとえば、アオウミガメでは地磁気と共に表層流に含まれる生まれた島特有のにおい物質をたどっていることが知られています。渡りをするチョウでは、太陽コンパスと磁気コンパスを併用しているものがいますし、卵を産みつける植物からでている産卵刺激物質を道しるべとして移動しているものもいます。渡り鳥のミズナギドリは、植物プランクトンから放出されるジメチルスルフィドの分布を指標に移動します。サケの回帰には母川水のアミノ酸組成比が重要であるとされています。昨年出版された「回遊・渡り―巡―」(安東・浦野編)には以上の例を含めて移動の例が書かれています。そして、ニホンウナギが何を頼りに西マリアナ海嶺に戻ってくるのか、それが大きな課題の一つです。
これから怒涛の1週間が始まります。


 
(了)
 
………………………………………………………………………………………
 
■Mike’s Corner                                                 Michael J. Miller
 
The last X-CTD cast was made today that was located about half-way up the line going back to the north on the west side of the seamount ridge.  Based on the hydrographic structure that was seen along the eastern line and the southern part of the western line, there was no need to make more hydrographic stations to the north.  The research area could be decided based on the presence of low salinity water extending deeper in the south and the presence of a patch of high internal tide energy that was present at the “Kaiyo Point”, which is where the first spawning-condition Japanese eels were caught in the large mid-water trawl of the R/V Kaiyo Maru in 2008.  Unagi eggs were also collected in the same area previously.  So the combination of factors of salinity structure, internal tide energy, and a location known to have had adult eels and spawning activity in the past, guided the decision to select the location where the intensive research-observation efforts will occur in the next 6 days starting before new moon.  After that, we will fish the 1.5 m diameter ORI plankton net to collect recently hatched preleptocephali.  The timing of all of this is based on the fact that existing information from a range of sources (larval otolith back-calculation of hatching dates, egg and prelepto catches, and adult catches) indicates that Japanese eels spawn in the few days just before new moon during each month of their spawning season.  So the timing of our observations are organized strictly around that pattern of spawning timing.  Therefore, being in the right place at the right time is the key to having a chance for success to observe spawning anguillid eels for the first time.  Lets hope we will be in the right place!  The photo shows Prof. Tsukamoto and Dr. Watanabe explaining the chosen location and research plan to the Shinkai 6500 team chief and other team members in the main laboratory behind the bridge after lunch today.


 


………………………………………………………………………………………

 
今日の海、今日の空                                                                   沖野 龍文   
  Today’s sea, today’s sky                                                    Tatsufumi Okino

 
 


■We Are Here




 
………………………………………………………………………………………
 
(本ブログに使われた全ての写真のクレジットは、日本大学とJAMSTECが有します)
 
 
 
………………………………………………………………………………………
 
■検索ワード
うなぎ博士の航海日誌 塚本勝巳 ウナギ マリアナ よこすか しんかい6500 潜水艇 ディープ・トウ 研究航海 海洋調査 産卵行動 回遊 生態 レプトセファルス CTD プランクトン 環境DNA 内部潮汐 深海 日本大学 近畿大学 東京大学 北海道大学 海洋研究開発機構
 
Doctor Eel’s Logbook, Katsumi Tsukamoto, Freshwater Eel, Mariana, R/V Yokosuka, Shinkai 6500, Submersible, Deep-Tow, Research Cruise, Oceanic Survey, Spawning Behavior, Migration, Ecology, Leptocephalus, CTD, Plankton, Environmental DNA, Internal Tide, Deep Sea, Nihon University, Kindai University, The University of Tokyo, Hokkaido University, JAMSTEC
 
Le Blog du Docteur Anguille, Katsumi Tsukamoto, anguilles d’eau douce, R/V Yokosuka, Campagne en mer, echantillonnage oceanique, Reproduction, Migration, Ecologie, leptocephale, plankton, AND environnemental, marée interne, hautes profondeurs, Universite de Nihon, Kindai University, Universite de Tokyo, Hokkaido University, JAMSTEC
 
 
 



























バナー



























 

スポンサーサイト

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • 17:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
カイヨウポイント付近で産卵盛期の新月3日前に内部潮汐エネルギーが最大になる点をシミュレーションした結果、カイヨウポイントの北西側に斜めに接する様に長径14マイル短径6マイルのほぼ楕円形の高エネルギー域がある事が分かったこの十文字の測線を「マリアナクロス」と名付けて徹底的に調査する事にした。いよいよ、全ての事前の調査は終わり潜航調査を行うだけになった。大きな成果を上げる事をお祈り申し上げます。
  • マー坊
  • 2017/06/14 2:04 PM
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

カウンター

総閲覧者数:   現閲覧者数:

selected entries

archives

recent comment

  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    石田達八(まる八)
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    KOBE
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    ヨーカン
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    マー坊
  • 5月18日(木)   測点決定              晴れ
    マー坊
  • 5月17日(水)  XCTD観測              晴れ
    マー坊

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM