スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

5月16日(火)  ブリーフィング              晴れ


 しんかい6500(プロの間では6K 「ろっけー」と略称される)チームのスタッフから潜降予定者に対してブリーフィング(事前説明)があった。まずは第1研究室でパワポを使った概要説明。そして格納庫で体重計測して、潜水事務所で持ち込み搭載品(ペイロード)の重量計測を行う。しんかいの浮力調節をバラストで行う際の重要なデータだ。
 


それから、潜水スーツのサイズを合わせるために試着する。潜水スーツはF1レーサーが着る難燃性の耐火服と同じものだ。真っ青のかっこいいつなぎ。海底の低温に対する備えだが、洋上では超暑い。上半身は脱いで、腰に巻き付けておいて、潜降が始まると上も着る。
 


そしていよいよ、しんかい6500に乗り込んで説明を受ける。しんかいのキャビンにて潜航士の大西さんから緊急浮上ボタンの位置など説明を受ける。潜水艇の中でパイロット(船長)とコパイロット(副船長)の2人とも気を失って研究者一人で緊急事態に対処しなくてはならない時にこれを押すのだと教えられたが、そんなこと起こらないのを祈るばかりである。でも、一応やり方をおぼえた。
 


ブリーフィングもつつがなく終わって準備万端。いよいよ、調査が始まる。
 


………………………………………………………………………………………
 
■今日の当直                       樋口 貴俊
  Today’s correspondent                                 Takatoshi Higuchi
 
 ブログをご覧のみなさんこんにちは。本日の当直は日本大学大学院生物資源科学研究科生物資源生産科学専攻博士後期課程1年の樋口貴俊(ひぐち たかとし)が担当させて頂きます。本航海で私は、内部潮汐の数値シミュレーションや観測した海流の解析など、主に物理環境の解析を担当します。
 今私たちが乗船しているR/VよこすかのYK-17-10次航海の目的は有人潜水艇 しんかい6500と水中カメラシステム ディープ・トウによる産卵中の親ウナギの発見です。今日の当直では、私たちがどのようにして産卵集団を発見しようとしているのかを少しだけご紹介しようと思います。
 


◯しんかい6500


 親ウナギ探索の要はこの「しんかい6500」です。本航海では5回の潜航が予定されており、三輪さん(JAMSTEC)、黒木さん(東京大学)、塚本先生(日本大学),渡邊さん(近畿大学)の4名が搭乗します。
 しんかい6500は日中、親ウナギが遊泳していると思われる水深を狙って探索をします。もし、親ウナギを発見した場合は映像記録した後、環境DNAのための採水とウナギの採捕を試みます。そのため、本航海ではしんかい6500に8本の二スキン採水ボトルと2枚の刺し網を搭載しています。単体でも大迫力のしんかい6500が重装備になりさらに迫力を増しています。


 


◯デーィープ・トウ
 昼間の調査の主役がしんかい6500なのに対して、夜間の調査の主役はこのYKDT(ディープ・トウ)です。このYKDTは大型の水中カメラシステムで、船で曳航しながら海中の映像を記録します。2012年に行われたYK-12-11次航海ではこのYKDTを使用してウナギと思われる影が撮影されました。



 さらにこのディープ・トウにも二スキン採水ボトルを搭載することで、各層の環境DNAとアミノ酸組成の分析を行います。



何となく、ミサイルを積んだヘリコプターのような見た目です。
 


 しんかい6500とディープ・トウの記録映像と環境DNAを駆使して産卵地点を探索するのですが、本航海で私は内部潮汐という物理現象がニホンウナギの産卵に関連しているという仮説の真偽を確かめるために乗船しました。明日からいよいよ調査開始です。果たしてウナギの姿は見られるのでしょうか?

 
(了)
 
………………………………………………………………………………………
 
■Mike’s Corner                                                  Michael J. Miller
 
The sun finally came out today, so after breakfast I went up to the top of the ship for the first time.  The sun was so bright and the wind so strong it took a while to adapt to it all after 3 days of cloudy weather and only being inside the ship.  But in my first attempt, I got a lucky photo that is shown of a young gannet bird together with a flying fish in the air before he dove into the water to try to catch it.  Preparations for the e-DNA water filtering were made today and the schedule for the X-CTD transect was set.  The X-CTD is an expendable probe that measures water temperature, conductivity (salinity), and depth as it falls down through the water column while sending back the data through a very thin copper wire.  Using those to make hydrographic measurements rather than stopping the ship and deploying a regular CTD apparatus, saves a lot of time.  A lot of historical hydrographic data was collected with XBT probes around the world that just measured temperature, but the X-CTD is relatively new to also collect salinity data.  The first research activity of the cruise will be to make a line of hydrographic stations on each side of the seamount ridge to determine the location of the salinity front.  The front, when present, appears to influence the latitude of spawning by the eels.  So its location is one factors we will consider in deciding where we will make our intensive survey with the underwater vehicles and using e-DNA analysis looking for spawning eels.


 


………………………………………………………………………………………
 

今日の海、今日の空                                                                    樋口 貴俊  
  Today’s sea, today’s sky                                                 Takatoshi Higuchi

 
 


■We Are Here




 
………………………………………………………………………………………
 
(本ブログに使われた全ての写真のクレジットは、日本大学とJAMSTECが有します)
 
 
 
………………………………………………………………………………………
 
■検索ワード
うなぎ博士の航海日誌 塚本勝巳 ウナギ マリアナ よこすか しんかい6500 潜水艇 ディープ・トウ 研究航海 海洋調査 産卵行動 回遊 生態 レプトセファルス CTD プランクトン 環境DNA 内部潮汐 深海 日本大学 近畿大学 東京大学 北海道大学 海洋研究開発機構
 
Doctor Eel’s Logbook, Katsumi Tsukamoto, Freshwater Eel, Mariana, R/V Yokosuka, Shinkai 6500, Submersible, Deep-Tow, Research Cruise, Oceanic Survey, Spawning Behavior, Migration, Ecology, Leptocephalus, CTD, Plankton, Environmental DNA, Internal Tide, Deep Sea, Nihon University, Kindai University, The University of Tokyo, Hokkaido University, JAMSTEC
 
Le Blog du Docteur Anguille, Katsumi Tsukamoto, anguilles d’eau douce, R/V Yokosuka, Campagne en mer, echantillonnage oceanique, Reproduction, Migration, Ecologie, leptocephale, plankton, AND environnemental, marée interne, hautes profondeurs, Universite de Nihon, Kindai University, Universite de Tokyo, Hokkaido University, JAMSTEC
 
 
 
 



























バナー



































 


PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カウンター

総閲覧者数:   現閲覧者数:

selected entries

archives

recent comment

  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    石田達八(まる八)
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    KOBE
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    ヨーカン
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    マー坊
  • 5月18日(木)   測点決定              晴れ
    マー坊
  • 5月17日(水)  XCTD観測              晴れ
    マー坊

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM