スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

5月15日(月)   洋上セミナー        曇り 薄日


昼食後、メスルーム(食堂)で研究者セミナーを行った。題は「しんかい6500 ウナギ産卵の謎に挑む」。調査に入る前に、航海の背景と目的を船としんかい6500チームの方々に説明して協力を依頼するためだ。また、研究者自身が研究の意義をかみしめる再確認の意味もある。
 

シュミット博士の大西洋におけるウナギ研究に始まり、まず、白鳳丸、よこすか、なつしまによるニホンウナギの産卵場調査の歴史を動画も織り交ぜ振り返った。次に、産卵親魚の発見という今回の目的を達成するため必要な内部潮汐仮説(Higuchi et al. Unpublished)の説明。環境DNA分析という、今航のために周到に準備してきた新手法(Takeuchi et al. Unpublished)の説明も行った。また、親ウナギの産卵時刻(Higuchi et al. Unpublished)の推定結果や産卵に加わる推定親魚数と産卵行動のイメージ(Yoshinaga, Yamaguchi et al. Unpublished)に関する最新の研究結果も紹介した。
 
セミナーが終わって質問があった。食事どきにも話題に上った。このセミナーによって、親ウナギの産卵行動の具体的なイメージを共有できたのではないかと思う。これは潜水艇や夜間のディープ・トウで親ウナギを探索する際にきっと役に立つはずだ。
 
実は、今から5年前の2012年7月にもよこすかの航海があった。このときもしんかい6500による調査を行った。したがって今回の潜水艇による親ウナギ探索は2回目のチャレンジである。5年前は潜降地点もターゲットの水深や時刻も今に比べるとずっとアバウトな状態で臨んだ。なによりも、今回は探すターゲットのイメージがかなり具体的になってきたことは大きい。これは5年間の科学の進歩といえるかもしれない。今航海ではぜひこれを結実させたい。胸が高鳴る。
 
………………………………………………………………………………………
 
■今日の当直                        竹内 綾
  Today’s correspondent                                      Aya Takeuchi
 
  日本大学大学院の竹内 綾(たけうち あや)です。本年度からついに博士後期課程1年生になりました。卒業論文ではシラスウナギの脊椎骨異常、修士論文では環境DNA分析によるニホンウナギの産卵地点の探索に取り組んできました。研究の楽しさに魅了され、あっという間に3年が過ぎました。今後も研究の楽しさを忘れずに、興味深い発見を報告できるよう、いっそう精進したいと思います。
 今回は研究船「よこすか」に約2週間乗船して、ニホンウナギの産卵シーンの撮影に挑戦します。本航海は私にとって4回目の研究航海ですが、予想通り、初日から船酔いに悩まされています。対処の仕方は熟知しているものの、美味しいご飯を完食することができません。出航3日目の今日、朝食後に胃のムカつきを感じてベッドに潜り込みます。ウトウトしていると、番頭の渡邊 俊さんから「竹内〜、大丈夫?ラボの準備するぞ」と声がかかりました。「は〜い!ダイジョウブです!やります、やります!」と飛び起きる私(あんまり大丈夫じゃないです・・・)。しかし、寝てばかりもいられません!頑張るぞ〜!!

 
 本航海での私の役割は、一昨年と同様に環境DNAを使って、ニホンウナギが産卵前に集まる地点を予測することです。航海の成否をわける、とっても重要な仕事です。船上で海水を採水・濾過して、環境DNA抽出、定量PCRでDNAを増やして解析を行い、採水した地点にどのくらいの量のウナギDNAが漂っているかを調べます。早速、何もなかったラボ(写真左)に遠心機、PCR機器、オープンクリーンベンチなどを設置して、環境DNA実験用ラボを立ち上げました(写真右)。
 
 
 


 後は、濾過システムをどこに設置するかを決めて、ホース長の調整やシステムの連結を確認して、効率的な作業ができるようファインチューニングです。
 さて、親ウナギたちはどこに集まっているのか・・・秘密兵器「環境DNA分析」を使ってニホンウナギの産卵シーンの撮影に挑戦します。


 
(了)
 
………………………………………………………………………………………
 
■Mike’s Corner                                                Michael J. Miller
 
It was a brighter day today as we steamed farther south towards the first station, but there were still many clouds.  We moved past some of the most southern Japanese islands, so there were a lot of gannet birds flying around the ship.  They like to watch for flying fish that fly out of the water to escape from the ship, and then they fly down to catch them.  So I could watch them fly around the front of the ship while sitting at my desk, and sometimes they would rapidly dive down for a fish.  This went on so long though, that the ship crew had to go out and clean off the deck and windows to get rid of all the droppings from the birds….  Onboard, inside the ship, more preparations were made, such as setting up the e-DNA analysis lab, and putting together the ORI plankton net for collecting preleptocephali at the end of the cruise.  And Prof. Tsukamoto gave a lecture to the ship crew and Shinkai 6500 team members in the dining hall about the history of his research on the Japanese eel spawning area using a variety of approaches.  This will be the second time he has used this ship with the Shinkai 6500 submersible and Deep-Tow camera system to search for eels, but this time both vehicles are equipped with CTD-type water sampling bottles to collect water for e-DNA analysis.  The NHK TV camera team that is onboard did some filming during the lecture as can be seen in the photo.   After dinner we had a meeting of the scientists to see the detailed working schedule, before relaxing together for a while in the laboratory.


 


………………………………………………………………………………………
 

今日の海、今日の空                                                                     竹内 綾  
  Today’s sea, today’s sky                                                        Aya Takeuchi

 


 
■We Are Here



 
………………………………………………………………………………………
 
本ブログに使われた全ての写真のクレジットは、日本大学とJAMSTECが有します
 
 
 
………………………………………………………………………………………
 
■検索ワード
うなぎ博士の航海日誌 塚本勝巳 ウナギ マリアナ よこすか しんかい6500 潜水艇 ディープ・トウ 研究航海 海洋調査 産卵行動 回遊 生態 レプトセファルス CTD プランクトン 環境DNA 内部潮汐 深海 日本大学 近畿大学 東京大学 北海道大学 海洋研究開発機構
 
Doctor Eel’s Logbook, Katsumi Tsukamoto, Freshwater Eel, Mariana, R/V Yokosuka, Shinkai 6500, Submersible, Deep-Tow, Research Cruise, Oceanic Survey, Spawning Behavior, Migration, Ecology, Leptocephalus, CTD, Plankton, Environmental DNA, Internal Tide, Deep Sea, Nihon University, Kindai University, The University of Tokyo, Hokkaido University, JAMSTEC
 
Le Blog du Docteur Anguille, Katsumi Tsukamoto, anguilles d’eau douce, R/V Yokosuka, Campagne en mer, echantillonnage oceanique, Reproduction, Migration, Ecologie, leptocephale, plankton, AND environnemental, marée interne, hautes profondeurs, Universite de Nihon, Kindai University, Universite de Tokyo, Hokkaido University, JAMSTEC
 
 
 
 


























バナー






























 


PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カウンター

総閲覧者数:   現閲覧者数:

selected entries

archives

recent comment

  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    石田達八(まる八)
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    KOBE
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    ヨーカン
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    せしん
  • 5月19日(金)   初ダイブ              晴れ
    マー坊
  • 5月18日(木)   測点決定              晴れ
    マー坊
  • 5月17日(水)  XCTD観測              晴れ
    マー坊

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM